土曜日はユーザさんのところの秋季電気設備点検で、工場が停電すると言うことでいつも通り
早朝サーバーとネットワーク機器の電源を落としに行きました。
そして午後一より順次複電と言うことでまず、メインのSWを起動させその後サーバーを起動。
ここまでは順調かと思いきや!なんとメインのSWのStatusがすべて赤!!!!
再起動するもダメ!
そこでユーザの担当者の方へ連絡して指示を仰ぎました。
結果「パーツの手配をしたので受け取って交換」の指示
パーツは20時に届き20時半に再起動させましたが、4つのモジュールの内1つがNG
再度担当者に連絡を別のパーツを再手配したので、11時に届くからそれも交換してほしとのこと。
その時点で担当者の方は車で現地まで4時間かけてくるとのこと。
夜中1時に到着してファームウェアのUpdateをするとのこと。
しかし上手くいかずメーカの海外サポートセンターへコンタクト。
しかし中々返事がなく、結果6時頃に連絡が取れ海外よりリモートで対応していただき、
やっと10時ごろに復旧が完了しました。
結局土曜日の朝7:30~翌朝11:00までの完全徹夜作業となってしまいました。

久しぶりの貫徹です。この年ではかなりきついですね。数日は後を引きますね(汗)