下記のように旧IEのサポートが終了します。
今後未対応の場合問題が発生することが考えられます。
早めの対応をお願いいたします。
====================================
 2016年1月13日以降、各Windowsでサポート対象となるIE最新バージョンは以下の通り。Windows 7の場合、IE11のみがサポート対象だ。Windows 7でIE8/9/10を使っている場合、それら旧バージョンはサポートされない。

・Windows OSとIE最新バージョンの組み合わせ(2016年1月13日時点)
・Windows Vista(SP2):Internet Explorer 9
・Windows 7(SP1):Internet Explorer 11
・Windows 8.1:Internet Explorer 11
・Windows Server 2008 SP2:Internet Explorer 9
・Windows Server 2008 IA64(Itanium):Internet Explorer 9
・Windows Server 2008 R2 SP1:Internet Explorer 11
・Windows Server 2008 R2 IA64(Itanium):Internet Explorer 11
・Windows Server 2012:Internet Explorer 10
・Windows Server 2012 R2:Internet Explorer 11

 法人ユースなどで古いWebアプリケーションなどを使いたい場合、IE11に搭載された「エンタープライズモード」を利用することになる。これはIE8の環境をエミュレートし、互換性を高める動作モードだ。

 なお、同社が2016年1月13日に提供する更新プログラム「End of Life Upgrade(KB3123303)」を適用すると、旧バージョンのIEを利用しているWindowsに、IEのアップグレードを促すメッセージが表示されるようになる。レジストリの設定でこの通知は無効化できるが、同社はセキュリティ対策のためにも最新バージョンの導入を推奨している。

Yahooサイトより引用
=====================================